スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

菖蒲湯神輿への思い


神輿には歴史があり、魂が入り、魂がこもっているもの。
ましてや神輿創りには職人の気質と心が求められるものなのだ。
これで良いという事はない。
絶対にない!
少しでも良く、そして多くの手を通して創るだけに均一な状態には中々
なりえないのだ。
それを経験と創意工夫を重ね合わせて創り上げるのだ。

神輿は神様をいただいて運ばせていただくもの。
そのあらたかな御威光を町々の人々にお届けする大切なお役目が神輿を司り、
町の総意を得てありがたく神事として行うもの。
日本にある祭りの中には神輿に携わる者は代々家柄さえ決まっている土地もあります。
ましてそうじゃなくても神輿創り、神輿の黒法被衆と呼ばれる者は選ばれし者なのだ。
命をかける程の男の中の男が認めたものじゃないと黒法被は着れるものじゃねぇ!

マニュアルやプラモデルのように神輿が出来ると思ったら大間違い。

20080603siyobu2.jpg


最近の若いものに多いのは、理屈と言い訳。
やっていないのに出来るようなことを言う。
言葉や文章で自分は凄いんだと自分で言う奴。
身内で褒めあってるもの。
良いか悪いかは、他人が決めるものや感じるものなんだ!
自分で評価をして自画自賛するな!
出来る気になっているごっこにはうんざりだ!

これは神輿だけじゃなくても最近色々な面で言えることだ。

お店に来た先輩達と話していたら印象的な言葉が出ました。
本番に近づくにつれて命を預かるきもちから責任とプレッシャーで
『神輿が怖いと感じる…』
その感覚僕も覚えています。

今日の本神輿、どうか良い神輿を菖蒲湯神輿を、
終わった後に男泣き出来るほどの神輿をして下さい。
心の入った神輿は痺れるほどに素敵です。
スポンサーサイト
.04 2008 想い comment4 trackback0

Comment

swing
コメントありがとうございます。
色々熱く語りましたが、
今年の神輿は大きな事件や問題もなく
無事に終了した模様です。

少しは危機感と緊張感に意識が傾いたのでは…。
緊張感は持続しません。
何年も、何十年も継続されている物事。
全てに言えることですね。

日々精進。
山に登って振り返ります、自分を…。
2008.06.07 01:38
swing
まぁ~ちゃん

初コメントありがとうございました。
お察しの通りに、熱くなってしまう僕です。
息子さんの獅子舞の件。

息子さんが興味があるなら道を開いてあげて下さい。
お祭りの世界は地元意識の塊なので知り合いがいないと
お子様の大変だと思いますが反面、そこで自分のポジションを
見つけ出すことが出来れば…立派な男になることは保障します。

祭りの男は男の中の男が男を選ぶのです。
理屈やつまらない人間関係では本当の男にはなれないと言うのを
肌で知る事の出来る機会です。
優しく見守ってあげて下さい。
2008.06.07 01:33
kota
すぐに解ったようなつもりになる人って、何も解ってないんですよね。本質へ辿り着くドア、誰かが導いて開けてくれたドアがあって、そこからチラッと中が見えて、でもすぐに自ら閉めるというか。

私は叱るエネルギーも勿体ないと考えるめんどくさがりやです。
2008.06.05 08:02
まぁ~ちゃん
初めて書かせていただいています。いつも素敵なお店に素敵なご夫婦だなぁ~と思って拝見させていただいておりましたが、菖蒲湯祭りへの熱い思いを読み思わずコメントを書いてしまいました。私はお祭りが大好きです。お祭りに向けて熱くなっておられる方々を見ていると羨ましくなります。だけど、残念ながら私は女・・・。私の住む町内には獅子舞いがあるのですが、息子が獅子舞いをしてくれる事が私の夢です。想像しただけでドキドキしてしまいます。三年前に今の家に引っ越してきて、ご近所の方々とも仲良くさせていただいておりますが、他の場所からやってきた我が家の息子がお祭りのお仲間の中に入れてもらえるのかどうか、今度、機会があればご近所の方に聞いてみようと思っています。あっ、すみません。私の話しばかりが長くなりました。。。。。
実は以前に何度か菖蒲湯まつりに行った事があります。皆さんの熱い思いが伝わってきて、すごく感動して帰ってきたのを覚えています。今年は平日の中日なので残念ながら行けそうにはありませんが、陰ながら、菖蒲湯祭りの成功とお祭りへの熱い思いがある主人の活躍を応援しています。これも余談ですが、金曜日に友人と山代温泉の湯快リゾ-トへ遊びに行く事になっています。お互いの子供を連れてなので行けるかわかりませんが、できれば素敵なお店にも行ってみたいとも思っています。これからもお体に気をつけて、ご夫婦仲良く頑張って下さいね。
2008.06.04 08:27

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://barswing.blog54.fc2.com/tb.php/102-bd14feb4

プロフィール

barswing

Author:barswing
加賀市山代温泉COCKTAIL bar SWINGオーナーAZUMAです。
おいしいお酒とお話はSWINGで!

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

FC2カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。