スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

心の中の自分を見つめたい

今日は福井県は勝山市へ出かけて来ました。
奥さんのお友達とスキージャム勝山でランチをご一緒に。
その後彼女の案内で僕と少々ご縁のある土地、鹿谷地区へ。
彼女は僕たちをそこにある樹齢500年の大杉のある場所に
連れて行ってくれました。

白山神社の境内に大きな森だと思っていたが、大きく見えた森の
半分は1本の大樹からのみどりでした。
触れたりすると何故か安心する。
僕が日々過ごしている日常の中での色々な思いは、彼の生きてきた
500年の年月を考えるとほんの僅かで、ちっぽけなことなのかも?
周りを気にせずに自分らしく生きたい。
周囲の評価等を気にせずに大切なものを大事にして。
本当の魂を傷つけない生き方をと心の言葉が溢れてくる日でした。

20060706192530.jpg


神社の軒下に蟻地獄の巣を発見。子供の頃を思い出し『ふぅ~っ!』って
吹いて蟻地獄を捕まえました。懐かしいです。

自分らしく生きる事は、簡単じゃないのか。
それに気付くが難しいのか。
そう生きる事が困難なのか。
心からの優しさ、喜び、そして愛しあえる関係。
人はどれほどの喜びや名誉や豊かさを求めれば満足するの…。
スポンサーサイト
.06 2006 想い comment3 trackback0

Comment

swing
■kota■さん> そうですね、僕たちの遥か遠い昔の祖先はものすごい想像力を持っていたのだと思います。
そして木々を生き物として扱う繊細な心も。
五感を敏感にし、そして素直な心で何事にも向かう心を持ち得たら人生もだいぶ違うものになるのでしょうね。

マスターです♪さん>あり地獄での書き込みありがとうごさいます。県知事賞!素晴らしいですね。
しかもあり地獄で…。
でも、その観察力は現在に生きているのではないでしょうか?
ちなみに現在は何の観察日記をつけていますか?
あり地獄…何のあり地獄だろぅ…(^_^;)

2006.07.09 04:49
マスターです♪
小学生のとき「あり地獄」の観察で県知事賞貰ったのを想い出しました。。。
今は違う意味であり地獄かも???
2006.07.07 19:26
■kota■
400年前に建てられたお寺の解体に立ち会ったことがあります。多くの建材の木は朽ち果てていましたが、ある樹種だけは、400年前に伐られたときよりも丈夫なものに変質していました。そうなることを見越して、400年前の人は、その木を使ったんです。

さざれ石が巌となるくらい、かつての日本人は持っていた途方もない時間の感覚を、まだぼくらは少しだけ持っているのかもしれません。
2006.07.06 22:55

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://barswing.blog54.fc2.com/tb.php/26-952ec654

プロフィール

barswing

Author:barswing
加賀市山代温泉COCKTAIL bar SWINGオーナーAZUMAです。
おいしいお酒とお話はSWINGで!

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR

FC2カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。