スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

全てを注ぎ込むから美しいのです。

久々のバーの屋根裏になります。中々忙しく他色々あり腰を据えて書くことが出来ませんでした。まぁ元々無理をしないでが心情なので(PCに関しては…)そして先ずは始める前にお見舞いの御礼をさせて頂きたい。席亭/いとあそびsho/mako/#nuptssbk/mon/JASMNE雅子/うみぼうず/footmoko/Fg&cl/マスターです♪/うえぽん/ayumi以上の皆さん。そして直接お見舞いの言葉を頂いた皆さんありがとうございました。少し落ち着いたのでボチボチ診察・治療を始めようと思います。(^_^;)ご心配なく。


hp611152.gif

11月11日に『工房いとあそび』さんの10周年を記念して大聖寺は瀬越町の竹の浦館で(p)中村 真(vo)伊藤大輔(per&d)光田 臣さんのJazz Liveが開催されました。工房いとあそびの素敵な姉妹からご相談を受けて彼女達の情熱やアーティスト心・芸術を愛し想う心に動かされました。僕自身も常日頃素敵なステージを創りたいと想い続けています。お二人とお話している間に互いの理想とするイメージが近い所にあると感じこのお話を喜んで進めることになりました。

参加するミュージシャン等はお任せ頂く事になりプロデュースとしてやりがいも感じつつ、責任も実感しながらのスタートとなりました。彼女達の想いや10周年の意味を大切したいと思いました。そして何故彼らにお願いすることになったかと言うと凄くシンプルな言い方だと『彼らしかこの設定に合う方が居なかった』のです。音楽に対する考え方・プロミュージシャンとしての活動へのこだわり、人間性や生き方など。イメージするステージには中村 真・伊藤大輔・光田 臣この三人でした。

そしてステージ環境は全てがベストである訳ではありません。おそらくどんなハコでも一緒です。その場所をどう使い、どう手を加え、どう演出するかがプロの仕事だと思います。それにはイメージを共有し理解できるスタッフが必要不可欠でした。瀬越町『竹の浦館』という場所だから出来るライブにしたいと思い素敵な姉妹のお二人・スタッフ・ミュージシャンの総合力で創りあげたステージでした。現状で出来る限りのステージをお客様にお見せ出来たのではないかと思います。行き届かない点もあったと思いますがそれは僕の未熟な部分だと思います。どうかお許し下さい。m(__)m

当日のステージの模様はご来場頂けた方、関係者の方が知るのみで良いと思います。言葉では伝え切ることが出来ないからです。その目と耳と身体で体感するものだからです。ただ一言説明するなら、俗にある一般的なライブ進行とは一味も二味も違う構成となっています。そして曲のアレンジすら‥。沢山の何かを伝えようと。そしてこの先の何かを感じさせてくれるステージになったと思います。

開演のご挨拶でお姉さんが感動のあまり、言葉を詰まらせておいでました。リハーサルで既に感動していたと言われていました。僕はステージが成功するかどうかは最初の5分程で直感的に感じてしまいます。彼女はとても感性が豊かな方ですから色々ご苦労された事も手伝って余計に込み上げてくるものがあったのだと思います。僕はその姿を見て『良かった』と思い、その後は冷静にステージの進行を見守りました。(無論楽しんでいましたが‥)一番感動したのは
何故か翌日にお店で一人中村 真さんのCDを聴きながら色々な事を思い出していた時でした。(^_^;)じ~んとしたものが込み上げて来たりしました。

改めて工房いとあそびの素敵な姉妹に感謝の気持ちとおめでとう、そしてありがとうの気持ちを贈りたいと思います。『本当にありがとうございました。』そして姉妹の気持ち、僕の無理なお願いに応えて下さった中村 真さん、伊藤大輔さん、光田 臣さんに心からお礼申し上げます。『良いステージをありがとうございました。』更にはいつもの事ですがSwing Easyのステージを支えてくれる音響・照明スタッフの皆さんも『ありがとう。』今回のPAスタッフには中村 真さんから特別な言葉を頂きました。伝えておきます、きっと彼も喜んでくれると思います。また、ボランティアでお手伝い頂いた関係者の皆様も『本当にありがとうございました。』m(__)m

そして一番大事な会場に足を運んで頂いたお客様、『本当にありがとうございました。』皆さんの想いで地域の音楽文化は良くもなり駄目にもなります。どうか音楽シーンを今後とも愛し続けて下さることをお願いもうしあげます。地方の音楽文化は育てる心が必要です。本当に良いものを見極める心を、地域の若い音楽文化を育てる心を、そして音楽を楽しむ心を。そのどれが欠けてもいけないと思います。機会があればこれからも沢山の皆さんに良い音楽を届けて行きたいと思います。またどこかの会場でお会い出来たら幸せです。ありがとうございました。m(__)m

HP611151.gif




追伸

機会があれば『工房いとあそび』さんにお出かけ下さい。彼女達の本当の芸術や文化、感性の表現の形がその場所ににはあります。そして温かい人柄にも是非ふれてみて下さい。(^_-)
そしてライブ会場を提供していただいた 竹の浦館の皆様 大変お世話になりました。ありがとうございますm(__)m

スポンサーサイト
.15 2006 ライブレポート comment0 trackback1

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://barswing.blog54.fc2.com/tb.php/45-8cfcd21b
伊藤大輔伊藤大輔* 伊藤大輔 (レーサー)は、東京都出身のレーシングドライバー。 伊藤大輔 (映画監督)は、愛媛県出身の大正・昭和期の時代劇で有名な映画監督。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- Hi

プロフィール

barswing

Author:barswing
加賀市山代温泉COCKTAIL bar SWINGオーナーAZUMAです。
おいしいお酒とお話はSWINGで!

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR

FC2カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。